2019-01-24 リリース内容

今回のリリースでは以下の変更を行いました。

機能追加

アップデート可能なパッケージを一覧から確認しやすくなりました

  • サーバ>ソフトウェアの一覧へ「アップデート可能」の列が追加できるようになりました。(列が見えない場合は、「表示項目の編集」のボタンを確認ください)
  • パッケージがアップデート可能かかどうかを画面上で確認することができます。

1ヶ月以内に更新された脆弱性一覧を確認しやすくなりました

  • 脆弱性のページのタブに「更新」が追加されました。
  • 「更新」タブでは、1ヶ月以内で新規検知された脆弱性と、CVSSスコア・ベクタが更新された脆弱性一覧が表示されます。

脆弱性グリッドに「初回検知日時」「最新検知日時」「ベクター・スコア更新日時」列を追加

以下の列を脆弱性グリッドに追加しました。

  • 「初回検知日時」はその脆弱性が初めて検知された日時
  • 「最新検知日時」はその脆弱性が検知された最新の日付
  • 「ベクター・スコア更新日時」はCVSSベクターかスコアが更新された日時、またはその脆弱性が初めて検知された日時

スキャナをアップデートしました

  • スキャナを最新版に更新すると「スキャナIP」と「スキャンモード」がスキャン履歴で確認できるようになります。
  • スキャナの更新はスキャナプログラムの更新を参照ください。
  • config.tomlとsudoの設定、cronの設定は変更せず、スキャナプログラム本体だけ更新するように設定されています。

スキャナを更新しなくても、継続して利用することが可能です

image

トライアル終了したオーガニゼーションへ通知

  • トライアル期間が終了した後にスキャンした場合に、メールにてトライアルの終了を通知するようにしました。
  • 継続して利用する場合は、有償プランへの移行をお願いします。
  • トライアルを終了する場合はスキャナプログラムをアンインストールしてください。