2018-10-26 リリース内容

今回のリリースでは以下の変更を行いました。

機能追加

一覧画面の表示パフォーマンスの劇的な改善

これまで大量の脆弱性を検知した場合で、「初回の画面表示時」や「リロード時」に10秒以上時間がかかるケースがありましたが、表示ロジックを改善し待ち時間を短くしました。

「アップデートパッチ、緩和策、または、回避策がでるまで」タスク非表示が可能に 

脆弱性を検知した時点では、アップデートパッチ、緩和策、回避策がベンダから提供されてないケースが多々ありますが、タスク非表示の条件として指定することができるようになりました。

再起動が必要なソフトウェア、サービス再起動コマンドをわかりやすく検索、表示

そのほか機能追加

  • 緩和策または回避策のある脆弱性をフィルタ可能に
  • グリッドのカラムの幅を保存可能に
  • タスクグリッドにソフトウェア列を追加
  • タスク詳細画面でリポジトリ情報を表示
  • 脆弱性詳細>ディストリビューションサポートページに、AmazonLinuxの一次情報のリンク(ALAS)を表示するように
  • 脆弱性詳細>ディストリビューションサポートページに、KBIDのリンクを表示するように

仕様変更

  • パッチ未提供な脆弱性を初期状態で表示するように
  • その他、利用体験改善のため、軽微な変更とバグ修正を行いました

FutureVuls では今後も様々な要望をお待ちしています。欲しい機能や、使いにくい箇所などありましたら、

ください。